豊平整形外科

治療・脊椎疾患について

ホーム

治療・脊椎疾患について

〒062-0933
札幌市豊平区平岸3条9丁目9-15

Googleマップで見る

治療について

整形外科専門医として整形外科疾患全般に対応いたします。背中の痛みやしびれ、動かしにくさなどでお困りであれば、お気軽にご相談ください。

症状から疑われる疾患とは

  • 首の痛み・しびれ

    変形性頚椎症、頸椎椎間板ヘルニア
    頚椎症性脊髄症、頚椎後縦靭帯骨化症

  • 肩の痛み・しびれ

    肩腱板断裂、四十肩

  • 腰の痛み・しびれ

    腰部脊柱管狭窄症腰椎すべり症
    腰椎椎間板ヘルニア

  • 股関節の痛み・しびれ

    変形性股関節症

  • ひざ痛み・腫れ

    変形性膝関節症

身体に現れる様々な症状は、それぞれに原因が考えられます。
これらの症状でお悩みなら、是非一度当院へご相談ください。

脊椎疾患について

脊椎は体を支える重要部であり、体全体へとつながる神経の通り道です。この脊椎に問題があると、手足のしびれや痛み、場合によっては歩行困難などの、日常生活に支障を来す恐れもあります。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症は、加齢による変形で腰椎の脊柱管が狭くなり、脊柱管を通っている下肢や膀胱を支配する神経を圧迫する病気です。50歳以上の中高年からみられ、高齢になるほど増加し、70歳以上では2人に1人にみられる頻度の高い病気です。
重症になると安静時の足の知覚異常や脱力、麻痺、排尿障害などの症状が出現します。
薬や運動療法などの治療を3か月以上おこなっても改善しない場合、手術治療が必要です。

腰部脊柱管狭窄症の手術

手術は主に除圧術でおこないます。除圧術は椎弓や椎間関節を削り神経の圧迫を取り除く手術です。
狭窄部位が1箇所なら腰部を顕微鏡を使いながら3~5cm切開し、翌日には歩行が可能になり、2週間程で退院できます。

よくある質問

Q脊柱管狭窄症はどのような場合手術が必要ですか?

A痛みで日常生活が困難な場合や運動障害がある場合は手術が必要です。 特に足のシビレや麻痺、膀胱直腸障害がみられる場合は、早めに受診していただくことをおすすめします。
また、歩ける距離が短くなってしまったり、人と同じスピードで歩けなくなってしまった、なども手術が必要になる場合があります。

Q手術を受けなかった場合、将来歩けなくなりますか?

A歩けなくなってしまう可能性もあります。
そうならないためにも、歩けなくなる原因を残しておかずに、元気なうちに治しておくことが重要です。痛みを覚えた場合、自身で「この程度なら大丈夫だ」と判断せずに、一度受診して画像診断で、どの程度・段階の症状なのかを確認・相談することをおすすめします。当院では診断用のMRIも導入しております。

Q保存療法では治らないのでしょうか?

A狭窄が完治することありません。しかし、狭窄症状が軽い場合は、運動療法などで痛みや症状は軽くなります。

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは

腰椎すべり症とは、「不安定性」を伴う脊柱管狭窄症の1つです。
腰椎は第1腰椎から第5腰椎まであります。通常は簡単にずれたりしないようになっていますが、椎間板の緩みなどによって骨がずれてしまうことがあります。これを腰椎すべり症と言います。
特に女性に多くみられており、40~50歳の働き盛りの時期から発症がみられ、60歳頃には手術が必要になる方がとても多い病気です。

腰椎すべり症の手術

すべり症が進むと背骨全体が歪み、他の疾患を併発する場合もあります。
「不安定性」が強い場合、除圧術に加え骨移植やスクリューで脊椎を固定する、固定術という方法で手術をおこないます。
固定術では1箇所の手術でも8~10cmの切開が必要になり、腰の筋肉の負担も除圧術より大きくなりますが、固定術を加えた方が、再発率が低く、予後が良好であることが研究結果からも明らかになっています。

よくある質問

Qすべり症になると背骨全体がゆがみますか?

Aすべり症が進行した場合、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの他の腰の疾患を併発する場合があります。

Qすべり症の入院期間はどれくらいですか?

Aすべり症の場合、固定術を伴うため安静期間が必要になりますので、退院までは2~3週間程度です。 退院後も固定した部分が安定するまではしばらく時間がかかります。期間にして約3か月程コルセットを使用し安静にすることをお願いしています。
事務作業などの日常生活には支障ありませんが、重労働やスポーツなどは極力避けていただく必要があります。
重労働の方は傷病手当を受ける対象になりますので、痛みがある場合は無理せずにまずは医師にご相談ください。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の中から髄核がヘルニアを起こして脊柱管内へ脱出し、下肢へ行く神経根を圧迫するため、臀部から下肢の疼痛とシビレや麻痺を呈する疾患です。発生頻度が高く、人口の1%が罹患するといわれています。20~40歳代に好発します。

椎間板ヘルニアの手術

椎間板ヘルニア摘出術は通常、腰部を5~6cm切開して肉眼や顕微鏡で行われていましたが、当院では内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術(MED)を取り入れています。
MEDは、全身麻酔下で腰部を2cm切開し、ハイビジョンカメラのついた径1.6cmの操作管を挿入して、肉眼ではなくモニターの映像を見ながら操作管から器械を操作して腰椎を開窓し神経をよけて椎間板ヘルニアを摘出する方法です。MEDは傷が小さく、筋肉も大きく裂かないので術後の回復が早く、手術直後から下肢の疼痛とシビレも軽快します。

よくある質問

Q手術後はどのくらいで歩けるようになりますか?

A手術後、麻酔が醒めればすぐに歩けるようになります。

Q予防方法はありますか?

A椎間板ヘルニアはいつでも起こり得る疾患です。痛みが少しでもある場合は、運動負荷はなるべく避けるようにしていただくことをおすすめします。
また体重の増加などには気を付ける必要があります。

交通アクセス

Access

お電話でのご予約・お問い合わせ

〒062-0933
北海道札幌市豊平区平岸3条9丁目9-15(Google Map)

診療受付時間

 
午前/9:00〜12:00〜11:30〜11:30〜11:30
午後/14:00〜17:3015:00〜

※土曜日は【午前診療のみ】となります。 ※日曜日・祝日は【休診日】となります。
※手術のため診療受付を早めに終了する場合がございます。

医院からのお知らせ

Information

2020/03/26
豊平整形外科の公式サイトをリニューアル致しました。
>>